チップの意味や意義とは

チップというシステムを知っている方は多いでしょう。 しかし、いざ海外旅行に行ってみて、渡すべきなのか、渡さなくてもいいのか、迷うことがあるかもしれません。 そもそもチップとは、「あなたのサービスはとても良かったです、ありがとう。」と、相手のサービスに対して払うものです。 アメリカやカナダ、ヨーロッパでは特にチップが当たり前に発生するので注意が必要です。 サービス料が当たり前に料金に含まれている日本とは違い、チップを払わなければサービスが悪くなってしまうこともあるので、あらかじめリサーチしておくといいですね。 一部ではありますが、時給がとても低く、チップで生活している人もいることを考えると、日本では考えられないシステムですね。

チップってどのくらいあげればいい?

実際にチップをあげるとなっても、いくらあげればいいのか迷うことがありますね。 海外旅行客が多い観光地ではチップがなくても大丈夫なところはありますが、それでもチップがあるかないかはとても重要です。 基本的には、料金に対して15%程度の金額が一般的です。多ければ多いほどサービスの質が上がるようですが、自分が出せる範囲の金額でいいようです。 また、チップは基本的に貨幣で渡すことになっています。特にアメリカでは硬貨でチップを払うと失礼になってしまう場合もあるので注意が必要です。 トイレでもチップを要求されることもありますが、その場合のチップはごく小額、ほんの気持ち程度でも十分とされていることも知っておくといいですね。